同じように結婚を求めていても、結婚相手に求めるものは男性と女性では大きく異なります。

男女の結婚観の違いについて

 

結婚観の違いについて考える男女

 

男性が結婚したい理由と女性が結婚したい理由というのは、同じ「婚活中」であっても実は違うものなのです。

 

女性はどのように結婚を考え、男性とはどのように違うのでしょうか?

 

 

男性は「今」を、女性は「未来」を見ている

男性と女性は恋愛期間中に見ている景色が違います。

 

男性は婚活中であっても見ているのが「今」であり、「今」が盛り上がっていればそれで満足してしまいがちです。女性は恋愛中であっても、相手との「未来」を見ています。

 

よく男性の恋愛は「電子レンジ型」であり、女性は「オーブン型」と例えられるます。
そのため、女性の方が現実的で、結構細かいところを見ている事が多いです。

 

結婚をしたいと思っているのなら、「今」だけを見るのではなく、その先の「相手と結婚した後」もきちんと考える必要があります

 

 

男性の結婚対象と女性の結婚対象の違い

男性は婚活する時に求める女性の理想像は、「かわいい」や「若い」など、自分の「好み」が中心になりがちです。

 

しかし、女性の婚活で男性に求める理想像は、「安定した仕事をしている」や「年齢」など男性の「スペック」を求めています。

 

同じように「結婚」を求めていても「結婚相手に求めるもの」は男性と女性で大きく異なっています

 

 

自分の中の優先順位の違い

男性の中の自分の中心は「外」である事が多く「仕事」であったり「友人」であったりする事が多いです。

 

「恋愛」や「彼女」や「家庭」はあくまでも「付属品」であって、自分の中心にはならない事が多くあります

 

しかし、女性の優先順位は「内」であり、「家庭」であったり「恋愛中の彼氏」である事がほとんどです。

 

そのため「外」ばかり見ている男性を結婚相手に求めていません
妻である自分や「家庭」を見てくれる男性を求めています。
結婚を考えるのであれば、自分の中の優先順位を考え直す必要があるでしょう。