結婚できない男性は間違った恋愛観を持っていて、根本的な考えを変える事が必要になります。

偏った恋愛観を捨てる

ゴミ箱のバナー

 

結婚できない男の多くは、偏った恋愛観を持っています。

 

結婚をするには、こうした間違った価値観を捨てて、自分を見直す事から始めるのが効果的です。

 

偏った恋愛観の一例を紹介すると、

 

 

女性に対する理想が高い

外見だけではなく、性格的な事や、常識的な要素で間違った理想を抱いている人が多いです。

 

極端な事例を紹介すると、

 

「女性は決して人前でオナラをしない。」
「興味が無い男性を相手にしている時は楽しそうに話をしない。」
「女性は常に男性を持ち上げてくれるもの。」

 

など、現実的では無い理想を女性に抱いている事で、第一印象がよくてアプローチに成功しても、すぐに、間違った価値観から女性に対して幻滅してしまい、手を引いてしまいます。

 

このような間違った価値観で理想を抱いていると、当然、理想の女性はどれだけ探しても巡り会えません

 

 

 

 

自己主張が強すぎる

男女のパートナーはお互いの考えを協調しあう事が必要です。
自己主張が強すぎ、相手の意見や考えを尊重できないと恋愛は上手くいきません。

 

仕事の事や、お金の事など、結婚が絡んでくると、恋愛とは違った価値観が色々と出てきます。
自分が思う考えだけではなくて、女性の意見や考えを尊重する気持ちを持つ事が大切です。

 

 

 

 

過去の恋愛や理想は捨てる必要がある

大人になれば、多くの人が一度は恋の病になるような大恋愛をした事があるのではないでしょうか?

 

過去の恋愛経験や片思いの経験は、後の恋愛に役立てる事や、教訓として自分を成長させる事ができれば、結婚できる可能性は高まっていきます。

 

しかし、過去の恋愛や理想にとらわれすぎると、新しい恋愛には悪い影響が出ます。

 

前の彼女や好きだった人を基準に新しい恋人を探してしまうと、なかなか条件に当てはまる人は少ないです。

 

多くの人が理想に描くパートナーは外見も性格も良い人です。

 

しかし、こうした男性にとって理想の人というのは、20代前半~中盤にかけて、すぐに結婚していってしまいます。

 

歳を取るほど、容姿は良いが性格に難がある人や、その逆で性格は良いけど、美人とは言えないような人しか、独身女性としては残らなくなってしまいます。

 

男性側の時間の経過と共に、外見性格どちらかを妥協する事が必要です。

 

天秤のバナー

外見が良い女性を求めるなら、多少の難癖を受け入れる大きな心が必要になり、平和な結婚生活を求めるのであれば、多少外見を妥協してでも、性格が良い人を選ぶ必要があります。